仕事と犬と仕事と
漫画描き、藤田和子の仕事雑記です。たまに犬が登場します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
【HQ】「道化師は恋の語りべ」
お待たせしました。
次回作の告知です。


「道化師は恋の語りべ」
トーリ・フィリップス原作。


名作の呼び声高い原作です。
そうと知らずに読んで、あまりの面白さに
すぐに編集部に「描きたい!」と伝え、
少し古い作品なので漫画化の許諾確認をしてもらいました。
OKの返事をもらった時には血が沸き立つ思いがしました。
それは今でも変わりません。


ほんとに面白いんですよー。


11月発売のハーレクインオリジナル12月号に
第1部・第2部、一挙250ページ掲載。


翌12月発売の同1月号に
第3部125ページ掲載。


全3部作になります。


鋭意制作中!(・`ω´・)
[2011/09/09 13:55] | 告知 | トラックバック(0) | コメント(10)
<<【HQ】原稿原稿まだまだ原稿 | ホーム | 【HQ】ネーム完了>>
コメント
きゃ~~!
次回作はあの作品なのですね!!
もしかして・・・とは思っておりましたが
藤田先生の絵で見られるなんて最高です!!
頑張ってくださいませ~~~~v^0^v

パーティーでお会いできるのを
楽しみにしております!
[2011/09/09 21:04] URL | 嫁です! #nGdA3O4A [ 編集 ]
>お嫁様

あらまあ!
こんなところまでようこそ。

お嫁様までが「あの作品」とおっしゃる名作なんですね。
私、ほんとに知らなかったんですよ(^_^;)

でも絵はたいへんです。
道化師の服、調べるとモジモジくんみたいんなんだもの。
どういうアレンジになるかはお楽しみに。

舞踏会、楽しみにしてまーす。
[2011/09/10 08:01] URL | k #- [ 編集 ]
藤田先生、こんばんは!
次回作の情報公開、ありがとうございました。
ブログをupされた9/9から英国に行ってました。
そして今日戻ってきました。
偶然にも次回作の舞台は英国…のようですね!
さらに楽しみになりました。
その上、3部作だなんて贅沢すぎます!
2部と3部の間が待ち遠しくなるのは必然ですね。

※余談。“エリザベス”という名前は階級社会の
英国では中流家庭以上の女子につけられるのが
一般的だそうです。
今回の英国旅で知りました~。
[2011/09/20 23:44] URL | rieco #TR21q7iM [ 編集 ]
>riecoさま

お帰りなさい!

この時期のイギリスってどんなんでしょう?
私も原稿で9月のイギリスを旅してますよ~。
400年ばかし前ですけど^^

エリザベスという名前の付け方、
教えてくださってありがとうございます。
なーるほどー。
王家に多いのもうなづけるわけですね。
実は私の犬(コーギー)も登録名はエリザベス。
お嬢様と呼ばなくてはいけないかもしれません(笑)
[2011/09/22 01:46] URL | k #- [ 編集 ]
うきゃ~~。
キャベンディッシュシリーズのあの作品もコミック化ですかぁ。
書かれるならシリーズ全部まとめて書いてほしかった。。。
コミカルな部分も随所にあるし、先生の作でぜひ見たい・・・。
楽しみにしてます。
[2011/10/06 23:19] URL | 一読者 #- [ 編集 ]
>一読者さま


名作だと知らずに読みまして、
あまりの面白さにすぐ編集部に連絡して「描きたい!」と
アピールしました。
全3部作になります。
お楽しみにv


このシリーズ、まだコミック化されたない作品がいくつかありますよね。
最近手に入れたので読んでみたいと思います。
少し古い作品なのでコミック化できるかどうか微妙なんですよ~。
[2011/10/10 19:15] URL | k #- [ 編集 ]
電子書籍で読みました~♡。
タールトンがいいっ。より面白くなってます。
紙じゃないから永久保存(^^)v。

このシリーズ、あとはオールキャストの貴婦人修行とアリサの話のみですよね。
(未翻訳のものがあるかもですが。キットの話あれば読みたい(^^ゞ)
貴婦人修行は見たいですが、2巻じゃ短すぎる。
オールキャストの上にエピソードも面白いから削られるとご不満が。。。
メグ・アレクザンダーで前例あるから3巻、って駄目かな?
ファンタジーなら4巻てのもあるし。

確かに古いですね、このシリーズ。私も集めるの大変でした。でも面白い♪。
ぜひぜひ、楽しみにしてます~~♪
[2011/12/03 15:38] URL | #- [ 編集 ]
>名無しさま


コメントありがとうございます。

このシリーズ、小説で私が読んだのは道化師だけなのです。
貴婦人修行ともう1冊はどうにか手に入れたのですが
ほかはなかなか手に入りません。
コミックになってるものは読ませていただきました。
道化師とはほとんど関わりがないので
特に気をつける部分もなかったかなと思います。

取り寄せたまま未読にしてあるのは、読む時間が取れなかったのと
面白かったら全部読みたくなるし、きっと漫画化もしたくなるんじゃないかと!
描き終わったので、もう少しして熱が冷えたころに楽しみたいと思います。
(でもいますごく読みたくなってしまいました)

でもほんとに、描いてて楽しいお話でした。
完結編も楽しんでくださるとうれしいです。
[2011/12/04 20:18] URL | k #- [ 編集 ]
すみません、先のコメント2つとも私です。
お返事ありがとうございます。

はい、全部面白いです。
たしかに「道化師・・」はシリーズの次の代の話なので誰も出ない・・・。
知らなければ全く別の話です。
私は最初の話をコミックで読んでから集めました。
ただ、私が集めた時もなかなか。。。
紙書籍で持っていたのですが、最近本の整理をしてヤフオクに出してしまったのです。
(出す前にしっかり再び読みなおした(^^ゞ)
まだ持ってればぜひとも進呈したのですが。すみません。

蛇足かもですが。
<キャベンディシュ家の物語>@作中年代順
  1.野に咲く白薔薇
  2.貴婦人修業
  3.沈黙の騎士
  4.身代わり婚約者
  5.ハロウィーンの奇跡
  6.水都の麗人
  7.囚われの聖女
  8.十二夜の騎士(「聖夜の恋人たち」に収録)
  9.道化師は恋の語りべ
ちなみに、電子書籍で「9.道化師・・・」
「1.野に咲く白薔薇」「4.身代わり婚約者」「6.水都の麗人」は入手できます。
1.4.6の3冊は「eBookJapan」というサイトです。
レンタル形式ではないので買ったら永久保存です(^.^)。
よろしければ検索してみてください。

貴婦人修行・沈黙の騎士・身代わり婚約者 が特に面白いです。
身代わり・・はマンガより原作の方が・・・。(^^ゞ
[2011/12/04 21:41] URL | 名無しさま@一読者 #- [ 編集 ]
コメントを承認したままお返事しそびれてしまいました。
すみません(^_^;)

キャベンディッシュ家のシリーズのメモ、
ありがとうございます。
これはぜひともすべて集めなくては。
時間がかかっても集めたいです。


とりあえず手元にある2冊を読もうとしたのですが、
…ちょっとあきらめました。

「道化師」が終わって、私は次の原作に取りかからなくてはなりません。
ところが、このシリーズを読むと、頭が道化師に戻ってしまう…!
なんてこった。


なので、せめて次の一作を描き上げてから読みたいと思います。
なんて言ってても明日には読み始めてるかもしれませんが(笑)

[2011/12/11 23:55] URL | k #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
前のページ 次のページ
プロフィール

kururu

Author:kururu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。